腰のマッサージをうけたことにについてです。

腰痛もちのため、傷みがひどいときたまに地元にある整形外科へマッサージしてもらいます。

そこの整形外科は男女問わずマッサージする人が何人かいます。そのため、毎度同じ人という事は無いのです。
人により力の加減だったり、痛みがあるポイントやツボを把握しているかが違ってきます。
そのためマッサージをうけるまえに「ここらへんが痛いので、できればその周辺を重点的にお願いします。」と一言いうと、マッサージを行うほうもわかってくれて、やってもらってよかったという気持ちになります。

考えてみれば、人によってやってほしいところや痛みの箇所は違うから、何もいわずまかせてしまうと全体をやる感じになってしまうのです。やってもらうために、長い時間まちそのつどお金を払うわけですから、痛みがあるところを少しでも解消してもらいたいですよね。

そのほかに電気を流すのもありますが、私はやはり人の手でやってもらったほうが効果があるように感じます。それに気持ちいいですし。なのでマッサージが終わった後は、重苦しくかたまった感じだったところが軽くなってました。そのときは、とても嬉しい気持ちになります。

自分でもたまにできるところをマッサージしたりするのですが、やはり人にやってもらうのとは大きな違いです。人にやってもらうほうが効果があるように思います。

topページに戻る