本当にプロ?という若いマッサージ師

高校の時の運動部の顧問がマッサージ上手で、さらに親族にスポーツトレーナーがいたりして、昔からマッサージに触れる機会が多くありました。私を含め家族が全員肩こり、頭痛もちということもあり、いつも家族でマッサージをしています。もちろんマッサージをうけるのも大好き。海外旅行に行くと必ず現地のマッサージを体験しています。おかげでたくさんの人に褒められるほど腕が上達しました。ですので、マッサージを受けるときには厳しい目で見てしまいます。
以前、知人との待ち合わせの時間までに多少時間があったし、肩こりがひどくつらかったので、街中のマッサージ店に入りました。すぐに施術できるとのことでお願いしたのですが、このマッサージはとてもひどかったです。
施術してくれたのは若い男性でした。強めで押しても大丈夫です、と最初に言ったのですが、力まかせに押してくる感じで、指圧する全然ポイントがずれまくっています。さらには骨の上を押したり、筋肉をぎゅうぎゅう潰してみたり…ツボを押される痛みはまったく問題ないのですが、筋肉を潰す痛みは我慢できません。痛いです、と申告すると、「もっと弱いほうがいいですか?」とのこと。まったくわかっていません。そして時間ぴったりに終了。まったくリラックスも治療にもなりませんでした。
行きつけの信頼しているマッサージの先生が「マッサージはセンスがある人とない人がいるよ」と話していましたが、たぶん彼は自分があまり身体が凝らないのか、センスがないのかのどちらかではないかと思いました。

topページに戻る