女性セラピストによる出張マッサージの話

デスクワークで肩こりが気になる…。仕事終わりに癒しがほしい…。

そんな方におすすめなのが出張マッサージです。
わざわざ店に出向かなくとも、電話1本でクオリティの高い極上マッサージをご自宅やホテルで楽しむことができます。

私も体験する前はそんなに効果ないんじゃないか?と思っていたのですが、今では月に1度のマッサージが日々の癒しになっています。
私の施術のときは明るく話好きな女性が来てくれたので、会話がない、気まずい空気などという事はなくお話しながら楽しくゆったりとくつろぐことができました。
気持ちよすぎてお話している途中に眠りそうになってしまったことも何度かあります。

マッサージ後も今まで鉛のように重く感じていた肩こりがスッキリなくなり、肩こりに悩む日々がなくなって気分爽快です。
そのおかげで仕事にもリラックスして取り組めるようになり、最近は営業成績が上がって、明るく堂々とするようになった。と職場の人に言われ、やってよかったと心から思っています。
気分により、様々なマッサージ方法を選べるのも魅力のひとつですね。

ただ金額的に月に何度も呼べるわけではないので嵌りすぎてお金を使いすぎないように注意が必要です(笑)

26もある神田

神田○○町という地名は千代田区内に26か所もあります。いずれも古い地名を残す歴史ある町ばかりです。普通神田というとJR神田駅を指しますが、このあたりは新橋と並んでサラリーマンのメッカです。駅周辺には勤め帰りのお父さんご用達の小さな飲み屋がひしめいています。
JRのガード下と駅周辺にはには無数と思ってしまうほど多くの居酒屋、寿司やオシャレなダイニングバー、バルがあり、どこに入るか考えるだけでも楽しくなります。
神田岩本町から神田小川町、神田神保町は靖国通りに面しており、スポーツ用品店の集まる神田小川町の隣神田神保町は神田駅から1キロほど離れ言わずと知れた本の街です。古書店が多く、都内の3分の1の古書が集まっています。
秋には古本祭りが開かれ、文学、哲学、演劇など専門分野を持った古書店が道路にまで本を並べて、多くのファンでにぎわいます。
神田生まれは本当の江戸っ子と昔から言われて時代劇にも登場しますが、今もその何代目かが守る老舗飲食店や和菓子屋、和紙を扱う店など創業100年を超える店が営業を続けています。
また神田は学生の街で神田駿河台や周辺に多くの大学が集まっているので、自然と安い飲食店が多くなっています。この大学生や高校生はサラリーマンと共に千代田区の昼間人口を膨れ上がらせています。

topページに戻る